ソーラーセンサーライトをカーポートに取り付けたいならコレがいい!

カーポートにセンサーライトがあったらいいな~。でも電源がとれないからあきらめるしかないか・・・
って思ってませんか!

電源がなければ電源がいらないライト、ソーラーライトにすればいいです^^


何故この商品がおススメかというと、センサーライトとソーラーパネルが分離型だからです!

センサーライトとソーラーパネルが一体型の場合、日当たりのいいところに設置できるならそれでもいいと思いますが、日当たりが悪いときは充電できないですもんね。

そんなとき分離型なら、充電する位置はあちらで、照らすところはココってできます!

しかもセンサーライトとソーラーパネルをつなぐケーブルが5mもあるので結構離れてても大丈夫なところがいいです。
これで設置場所の範囲も広がりますよね。

実際に設置してみると、やはりセンサーライトとソーラーパネルが離れているのが便利です。
私の場合は距離はそんなに離さなくてもよかったのですが、センサーライトをカーポートの天井に設置したいとき、一体型ではソーラーパネルに日光を当てさせることなんで来ませんが、セパレートタイプで、しかも接続コードが5mあればバッチリ設置できますヨ。

しいて言えば、センサーライトとソーラーパネルのコードの接続部分に防水加工されていない点が気になるところです。

なので、穴の部分は下に向けるように設置した方がいいです。それでも心配な時はボンドやグルーガンでふさいだりするといいと思います。

私は防水処理はしてなくて、なるべく雨が当たりにくいところに設置できるてるので今のところ雨によるトラブルはないです^^

私が取り付けたやり方はこちらで紹介していますのでよろしかったら見てくださいね^^
⇒ソーラーセンサーライトを取り付けました!

おわりに

電源がないからってセンサーライトをあきらめてるアナタ!
ソーラーなら電源がいらないのでセンサーライトを取り付けることができますよ^^

それからセンサーライトを取り付ける位置が日光に当たらないところだったら、センサーライトとソーラーパネルが分離しているものを選べばいいですよ~♪